あひるの庭

歯列矯正や子育てを中心に日常のあれこれ、趣味についてのブログです

こんなドラマ後にも先にもみたことない!法律ドラマの新しいアプローチ『ビギナー』

今週のお題「もう一度見たいドラマ」

 

どうも、あひるです。

 

今回のお題を見た時に、これは何が何でも書かなきゃ!と思いました。

 

大好きなドラマはたくさんありますが、このドラマはわたしの人生を大きく変えました。

ターニングポイントになったドラマです。

このドラマで進路を決めました。

 

その名も

ビギナー

f:id:lalala-ahiru:20201217152925j:image

みなさんご存知でしょうか?

豪華キャストなのに、再放送などあまりみかけないのが残念なところ…。

 

このドラマは『人生のあらゆる時期が青春であり、人はみな常に人生の初心者=ビギナーである』というのをテーマにしているらしいです。

 

どんなドラマかというと、司法研修所(司法試験に合格した者たちが裁判官、検察、弁護士になるために司法修習する場所)を舞台に、修習生たちが議論を交わすドラマです。

実際にあった判例も出てきますので、みているだけで勉強になります。

 

しかしこのドラマのすごいところは、法律ドラマではなかなかないアプローチをしている点です。

 

法律ドラマって、『HERO』とか『離婚弁護士』とか『花村大介』とか、検察官や弁護士にフォーカスして描いているものがほとんどですよね。

しかし『ビギナー』は、まだ何者でもない法律初心者を描いています。

しかも結構法解釈につっこんだ内容もあります。

課題の事件には何の法律が適応されるのかをいろんな角度から修習生たちが考えていきます。

こういうの、ありそうでないんですよねー。

日本の法律ってこういうのがあって、こんな考え方で当てはめて行くんだ、ていう発見があります。

しかもみんなまだまだ未熟で、考えもブレッブレ(笑)そこが一緒に学んでいってる感じがしていいんですよねー!

強くて正しいイメージのある検察官や弁護士とは真逆の人間性を描いています。

「育ってきた環境も、見てきたものもまるで違う」さまざまな境遇の者たちが1つの議題に取り組みながら打ち解けていく姿…。

基本的にコミカルなドラマですが、泣けるほど感動する場面もあります。

毎回出される課題もおもしろくて見どころのひとつです。

 

わたしにとって、このドラマがきっかけで法律に興味を持ち、大学では絶対に法学部に入ると決めた大切な思い出でもあります。

 

普通にマジでおもしろいです!

堤真一がかっこ良すぎて鼻血出ること間違いなし!

なんかもうドラマ思い出したら興奮してうまく説明できないからとにかく見て!

法律が好きになるから!

FODプレミアムとかで見れるらしいし!

それかレンタルして!

なんなら DVD買って!笑


ビギナー 完全版 DVD-BOX

 

別れのルールなんてあるのか?!の巻 SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S2E1

どうも、あひるです。

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

シーズン2エピソード1

f:id:lalala-ahiru:20201216221411j:image

 

テーマ・問題提起

「世の中別れるカップルはどんどん増えつつあるようだが、では別れのルールとは?」

 

「ビッグと別れたあと、ある通り、あるロケーション、ある時間帯まで避けるようになる。街全体が地雷を埋め込んだ戦場になってしまったのだ。行く場所を慎重に選ばなければ粉々に吹き飛ばされてしまう」

 

これは共感しかない!

一緒に行ったことのある場所や、2人のターニングポイントとなった場所、会いそうな時間帯、全てが彼と繋がってしまう。そして無意識に探してしまう。

本当に会ってしまったらどうしよう?でも会いたいかも?やっぱ会いたくないかも?なんていう葛藤が渦潮の如く渦巻いてしまう。

これは本気の恋をしたときに誰もが陥るやつじゃないでしょうか?

いやー考えただけでせつない!!!!!

 

ミランダの別れのルール

ミランダ「あんたいつになったらこんな人質状態から脱出するつもりよ!?」「ムダは省いて即恋愛ゲームに戻る!」

 

男は男で忘れろ、ってやつですな。

一理あるんですけどね。次の恋をしたら忘れるのは確かにそうなんですけどね…なかなか心が恋愛モードに突入しないですよねー…。

たとえ誰か他の人と付き合ったとしても、心の中にはまだ違う人がいて、本当は彼が忘れられないのに、無理矢理心に蓋をする。

それって本当に立ち直った状態と言えるんですかね?

 

シャーロットの別れのルール

シャーロット「交際期間の半分はたたなきゃとても忘れられない」「無理に忘れようとしてもダメよ。好きな人のこと忘れるにはまずとことん落ち込むこと。女友達に泣きついて、それから相手の嫌なこと思い出すの」

 

これって心理学かなんかでありませんでした?

立ち直るためのプロセスとして確立されていたような…。

 

https://m.youtube.com/watch?v=8U0anOybgyc

 

↑↑↑はい、ホンマでっか!?TVでおなじみの植木先生がやはり心理学の観点から似たようなことをおっしゃってました。

忘れようとするとかえって忘れにくくなる。

友達にたくさん話したりして、とことんアウトプットをし、考えるのに飽きることが近道だったりする。

もし失恋に悩んでる方、植木先生の動画を参考にしてみてください。

ちゃんとリンク貼れてるかどうか不安でしかたないが笑

このブログから飛べなかったら、「失恋はどうしたら忘れられる?」というタイトルでYouTubeに動画があがってますので、観てみてください。

 

キャリーの別れのルール

ルールその1

「相手がセクシーに、自分がハッピーに写ってる写真は全部捨てる」

 

ルールその2

「うそをつけ」

 

ルールその3

「感情が落ち着くまで決してブティックには入るな」

 

ルールその4

「1秒たりとも彼のことを忘れるな。忘れたとき敵はあらわれる」

 

いちばん大切な別れのルール

「どれだけ傷つこうと、立ち直るまでどれだけかかろうと、女友達なしにこの試練を乗り越えることはできない」

 

キャリーは「10年NYでプレイして、デートは無数、深く付き合ったのは5回、心底惚れたのが1回」と言っていました。このルールはビッグを忘れるためだけに初めてつくられたものです。

 

いやー…せつない。

それしか言ってない気がするけど笑

いやほんとにキャリーに感情移入しちゃって笑

 

最初はイケイケドンドンなこと言ってたミランダも、2年前の本気で恋してた男に街で遭遇したことによってキャリーの気持ちを理解し、無理に忘れなくていいと考えを改めます。

 

キャリーって結局なんだかんだいって真剣な相談をしたり、頼ったりするのはミランダなんですよねー。

今後の話でも肝心なことはミランダに相談することが多々でてきます。

 

わたしにとってミランダのような存在の友達はいるだろうか?

 

 

今日のサマンサ様のお言葉

シャーロットが3週間付き合ってまだプラトニックな関係だと聞いた時の言葉。

「どうせやるなら早くやりなさいよ!」

 

いやー、もう最高!笑

でもこれ、恋愛以外で当てはめたらめっちゃ核心ついた言葉ですよ。

宿題にしかり、仕事にしかり、自分のやりたいことなんて特に。

つべこべ言ってないでやりたいことはやりやがれ野郎ども〜!!!!!

 

恋する乙女よ、やさしくクレンジングせよ。

SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S1E12

どうも、あひるです。

シーズン1ラストエピソード、何を信じるか考えてみたの巻。

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

シーズン1エピソード12

f:id:lalala-ahiru:20201213233209j:image

テーマ・問題提起

「最近礼拝に行ったというわたしの知り合いは全員独身オンリー。シングルでないと入れない教会に行っている。90年代の宗教とは“男女の関係”なのか?

 

 

今回は少々宗教が絡んできますが、宗教そのものというよりも、キャリーが最終的に何を信じるのかがポイントになってきます。

 

「90年代の宗教とは男女の関係なのか」という問いに関しては、あながち間違いでもなさそうだ。

なんとわたしのだいすきなサマンサ姉さんが!

男と深い関係になるのを望まない姉さんが!

恋をしてしまう回でもあるんです!

恋愛をまるで信じないサマンサが、出会って2週間寝ることなく、しかも結婚まで考えてしまうほどの心酔っぷりだ。

これを宗教と類似のものと考えても不自然ではない。

サマンサはこの男女の関係を信じていたのだ。

 

 

キャリーの問題

ビッグが母親に自分のことを紹介してくれなかったことによって、キャリーはビッグがわからなくなります。

 

ビッグ「もっと気持ちが固まってから紹介する。僕のやり方で、時間をかけてことを運びたいんだよ」

 

キャリー「時間をかけて?何ヶ月も付き合ってんじゃない」

 

ビッグ「もっと僕を信じて」

 

「彼をないがしろにしたことなど一度もない。ビッグこそわたしを信じるべきだ。愛してるならそう言うべきだ」

 

そうしてキャリーは自分と向き合ってひとつの答えを出しました。

 

「自分は間違ってなかった。自分を信じたから。いつかきっとわたしを運命の女性と言ってくれる人が現れる。そう信じたから」

 

 

キャリーは何よりも自分を信じました。

自分の心にしたがって。

 

このシーン観てる時は、キャリーの判断が時期尚早のように思えました。

親に紹介されなくても、ビッグはキャリーのこと好きではあるから、お互い好きなら続けていけばいいのにと思っていました。

しかし一呼吸おいて考えてみると、キャリーの決断はつらくても正しかったんだと思いました。

ここの歯車が噛み合わないまま行ってもいつかは回らなくなります。

キャリーはビッグの愛を信じてたからこそ、どうしても流せなかった。

ビッグの愛が信じれなくなってしまった以上、自分の心に耳を傾け、自分を信じて前に進むことを決めたのです。

 

正直わたしにこの決断ができるだろうか…。

たぶんできないな。

心の声にふたをして、聞こえないふりをしてしまうだろうな…。

でもこういう心に引っかかる違和感ってすごく重要なシグナルなので、みなさんは勇気を出して行動してくださいね。

 

あとがき

シーズン1が終わってしまいましたね。

はやかったなー。

とはいえ、考えつく限りのテーマは出そろったんじゃないか?ってくらい恋愛関係においてのバラエティパックでしたね。

 

しかし敬語とタメ語がまざったブログで申し訳ないっす。

書いているときの気持ちの浮き沈みに左右されてます笑

真剣に考えているとですます調になったり論文口調になったり(ex.〜である)

サマンサの話が出てくるとちょっとテンションあがっちゃったりして笑

 

30すぎて結婚しちゃってると、もう恋愛話する相手が周りにいないんですよねー

(急にどうした笑)

ドラマ見ながらフィクションの恋愛について語っていくしかないんすわー

それが唯一の楽しみ笑

というわけで、シーズン2もやっていきますので、よろしくお願いします。

ぜひ皆さんもセックスアンドザシティ観てくださいね。

アマソンプライムビデオにありますから。

 

SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S1E11

どうも、あひるです。

回数が減っちゃった問題の巻

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

シーズン1エピソード11

f:id:lalala-ahiru:20201213001012j:image

テーマ・問題提起

「ノーマルな回数ってどのくらい?」

 

キャリーがオナラをしてしまったことによってビッグとの回数が減ってしまったんじゃないかと悩みまくる回です。

 

キャリー「安定しすぎたのかも」「オナラしたの。大好きな男の前でやっちゃったの」「そのあと全然セックスなし」「わたしのこと、女って思えなくなったのかも」

 

これ実際女として気になるところです。

どうなんですかね?やっぱり男性は彼女がオナラすると引くものなのでしょうか?

女は彼氏の前ではオナラやゲップ、お腹の鳴る音でさえも細心の注意をはらっています。

女の気にしすぎなのでしょうか?

もうなんなら世の中の女がそういう行動するから、わたしも我慢しなきゃいけないはめになったんじゃないかと。(人のせいにすな)

 

サマンサの考え

「ノーマルっていうのは、自分の希望と現実の中間点」

(えっ、めっちゃまともで深いこと言ってるやん。でも難解すぎてよくわからんぜ姉さん!)

「セックスって男女の関係のバロメーターだもの」

 

キャリーのオナラに関して

 

サマンサ「そりゃ大失敗ね」

 

キャリー「人間ならあるでしょ?しょうがないわ!」

 

サマンサ「だめ。あんたは女なのよ。男が欲しいのは人間じゃないの。わたしたちはオナラもしない、アソコも洗わない、タンポンも使わない、毛も生えない!」

 

 

さすがサマンサは女としてプロ意識高いですね。徹底してますね。

 

でも確かに女性って、毛の処理甘い日は絶対抱かれたくないですよね笑

男の人がそんな細かい部分見てんのかどうかはさておき、女性としてあるべき姿じゃないと自信が持てなくなります。とくに好きな男の前では。

 

キャリーの精神状態

「恋愛につまずいたときに女性がやることは1つ。彼の家に電話しないよう、彼のことばかり考えないよう仕事をつくること」

 

「わたしが完璧じゃないからフラれるんじゃないか」

 

「ビッグのそばにいると自分が自分でなくなっちゃうのよ。いい女キャリー、それを目指しちゃうのよ」

 

めっちゃビッグのこと大好きやん。

ただそれだけ笑

恋する女の典型的な精神状態。

つらくなるほど、苦しくなるほど恋をしてる。

ほんの少しのほころびが、崩壊につながるんじゃないかと不安でたまらない。

 

最終的にビッグと仲良くなって自信を取り戻すんですけどね。

 

恋はジェットコースター

 

とはよく言ったものです。

 

 

SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S1E10

どうも、あひるです。

母になるとは?の巻

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

シーズン1エピソード10

f:id:lalala-ahiru:20201211225821j:image

テーマ・問題提起

今回の話に関しては、キャリーは答えを出せていないような感じです。

ずっと自分に問いかけています。

 

女性なら誰もが一度は考える子供のこと。

思いもよらないタイミングでやってくる場合に限らず、計画的にお迎えしたのにも関わらず、一度はよぎる不安。

子供を持つのは幸せのことだから誰も口にしないけど、心の中では不安と戦っている。

今回の話の最後でキャリーが考えていること、それが今回のテーマだと思います。

 

「いざとなったら自分にもできるだろうか。良い母になれるだろうか。自分自身でいられるだろうか」

 

とりわけ自分自身でいられるかというポイントがキャリーにとって重要な点です。

 

かなりぶっとんだ友人、レイニーが妊娠したことをきっかけに、ミランダの言った言葉が大きく影響しているように思える。

 

ミランダ「カルトよ」「母親って、誰もみんな同じじゃない?同じ服着て同じものに人生捧げてる。赤ん坊に」

 

そしてかつてぶっとんでたレイニーがキャリーにこぼした言葉。

 

キャリー「あんたは変わったんだってば。それでいいの」

 

レイニー「でもこうなるって、誰も言ってくれなかった。自分が自分じゃなくなるって」「ある日気づいたら別人になっちゃってるのよ…」

 

 

たしかに実際のところ、子供ができると毎晩のようにバーに繰り出すこともできなくなる。

友達と好きな時間に会えなくなる。

自分の属しているコミュニティが変わる。

 

もちろん、それはそれで楽しいこともあるし、新しい出会いもある。

普通なら仲良くならなかったであろう人とも子供を通じて友人関係になることだってある。

 

それが自分らしさを失うことにはつながらないとは思う。

しかしながら、今とは同じ生活ができなくなるのは確かなわけで、そこに今現在重要な価値を見出しているのなら、不安になるのも仕方のないことだ。

 

わたしの場合

結局のところ、産んでみないとわからない、というわけだ。

そのことによってどう友人関係が変わっていくのか。

どう仕事に影響が出るのか。

わたしが子供をみごもったとき、やはり大きな不安にかられた。

逃げだしたい気持ちになった。

 

産むのも怖い、育てられるか不安だ、友人とはもう今までみたいに遊べなくなるのか、やりたかったこともここで終わりなのか

 

実にいろいろ考えた。

小さなことから大きなことまで、考えに考えた。

でも答えは出ないんですよね。

進むしかないんです、こればっかりは。

今でもちゃんと育てていけるのか不安だし。(反抗期どうなるか恐怖しかない笑)

 

わたしの背中を押したのは、BUMP OF CHICKENの「HAPPY」という曲でした。

 

終わらせる勇気があるなら

続きを選ぶ恐怖にもかてる

 

この歌詞の部分にかなり勇気づけられました。

進もう!怖くても覚悟を決めよう!

そう思いました。


HAPPY

おまけ

レイニーのベビーシャワー(出産前祝い)に行ったときの会話。

 

ミランダ「だからベビーシャワーって嫌いなの。行くと絶対に落ち込むんだもん」

 

サマンサ「わたしは違う。現状で満足。あんな赤ん坊見たぐらいで自信なくすわけないじゃない」

 

このサマンサのメンタル欲しーーー!!!

 

 

 

 

 

 

SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S1E9

どうも、あひるです。

結婚について考えてみたの巻

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

シーズン1エピソード9

f:id:lalala-ahiru:20201211010037j:image

テーマ・問題提起

今回のテーマは結婚観。

 

ゴージャスな恋愛をしてきた友人のブルックが、さえない男と結婚した。

ブルック「愛するより愛されて結婚するのが1番!」

 

「なんでもありのこの街では、手に入ったもので落ち着くべきなのか?」

 

ブルック「女はみんな王子様を待ってるの。でもある日気がつくのよ。王子様より近くの男とくっつくのが幸せだって」

 

「最近ではパートナーと落ち着くことが流行ってるんだろうか?」

 

キャリーたちの結婚観

結婚経験のあるミスタービッグとの会話

 

キャリー「なんで愛がなくても結婚するの?」

 

ビッグ「仲間が欲しいか、なりゆき?グリーンカード(永住権)のため」

 

キャリー「あなたはどうして?」

 

ビッグ「惚れてカーッとなって」「離婚裁判で熱は冷めたけど」「だからもう結婚はしないよ。2度と」

 

「息が止まりそうになった。このままでいいのだろうか?」

 

ミランダ「結婚したいって男はママの代わりが欲しいだけ」

 

キャリー「べつに結婚なんて考えてなかったんだけど、しないって言われたらガーンてきちゃって」

 

サマンサ「だから気にしないって顔してればいいの。そしたら相手はあれ?って思う。本当にしたくないのかこいつ?そしたらもうこっちのもんよ」

 

ミランダ「あんたの恋愛って駆け引きだけなの?」

 

シャーロット「やっぱり真剣にお付き合いするなら言いたいことは正直に言うべきじゃない?」

 

ミランダ「今から50年もすれば、男なんかいらない時代がくるって」

 

 

キャリーたちは全員キャリアウーマンだ。

しかもとびきりの。

仕事に燃えてお金にも困っていない彼女たちとわたしとじゃ結婚観はまるで違うのかと思いきや、キャラクターにあった考え方で意外と共感できますね。

ミランダはそもそも結婚の必要性を感じていないし、サマンサはする気がないから軽いし。シャーロットは結婚願望が強く、理想の相手をとことん探すタイプ。

キャリーは1番多いタイプだ。結婚ってよくわかんないってタイプ。

 

正直、結婚なんてしてみないとわかんないものだと、既婚者代表として声を大にして言いたい。

こんなはずじゃなかったーーー!!!!!

たぶん適当に選んだ相手であっても、理想を追い求めて選んだ相手であっても、わかり合えないことは山ほどあって、激しく傷つけあったりする。

恋人同士のときは何も思わなかったことでも、結婚したとたん喧嘩の火種となることが多々ある。

だからどんな相手を選んだって、どう転がっていくかは運としか言えない気がする。

 

キャリーのこたえ

キャリー「わたしいつかは結婚したい。今じゃなくても、でもいつかは。だから、結婚しない人と付き合いたくない」

 

ビッグ「要はタイミングだね」

 

「真の幸福を得たいなら、その時を生きろ。先のことは思い悩むな」

 

結局のところ、結婚するのかしないのか、良い相手なのかどうなのか、そんなことは思い悩んだところで時間の無駄ということでしょう。

 

「過去のことは変えられないのだから悩むのは無駄なことです。未来のことはどうなるかわからないのだから、心配するのは無駄なことです。」

これはわたしが大学時代に出会った教授の言葉なのですが、セックスアンドザシティ見ててふと思い出すとは思いもよらないことでした(笑)

でもまさしくそのとおりですね。特に解説もいらないほど教授の言葉の通りだと思います。

 

 

SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S1E8

どうも、あひるです。

3Pってどうなん?の巻

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

シーズン1エピソード8

f:id:lalala-ahiru:20201209225441j:image

 

テーマ・問題提起

シャーロットが3Pに誘われた件について。

サマンサ「3P流行ってるわよね」「3Pをやるときの鉄則、ゲストであるべし」「ゲストなら男との関係こじれる心配全く無いでしょ?」

 

「サマンサの言う通り、3Pは新しいセックスの形態なのか?」

「男たちが3Pに夢中であることは間違いないようだ。人間は3という数字に縁が深いらしい」

「1対1の関係こそ不自然なのかも。未来の男女関係は3人が正解なのかもしれない」

 

というわけで、今回は3Pについてのようです。

大丈夫かな?わたしはてなブログから追い出されないかな?

こんなんでも真剣にキャリーの問題に向き合っているつもりです。

あらゆる恋愛の形について考察してるだけです!

 

キャリーの考え

シャーロットが恋人のジャックに3Pに誘われていることについてのキャリーの考え。

 

キャリー「あんた次第だけど、ジャックのためだけならやめなよ」

 

シャーロット「でも密接になれるかも」

 

キャリー「あのね、ジャックが見ず知らずの女と寝るとあんたとの仲が熱くなるって、おかしくない?!」

 

キャリーは1対1の関係を信じている

 

キャリーの悩み

キャリーも3Pで悩まされていた。

ミスタービッグが前の奥さんと3Pしたことがあると知ってから、キャリーの頭の中では前の奥さんの影が離れなくなっていたのだ。

 

「たとえ2人きりでベッドにもぐりこんでも自分より先に誰かが入ってるのだから」

「前の奥さんのおっぱい、前の奥さんのくちびる、前の奥さんの長い脚…」

「ビッグはわかってない。過去がわたしの隣にいるということを

 

 

キャリーはビッグの過去と3Pをしていたのだ。

何をしても前の奥さんのことがついて回ってくる。

これは奥さんに限らず、付き合っている相手の元カノとかの存在が無性に気になってしまうときがありますよね。

その感覚の究極版とでも言うのでしょうか。

キャリーは最初から最後まで1対1の関係を信じている。

だからなぜビッグが3Pをしたのか気になっていたのだ。

 

キャリーのこたえ

ビッグ「3Pをやったのはバーバラ(元妻)も僕も他の人、他のものを欲しいと思ったからだ」

 

これを聞いてキャリーは

「わたしは悟った。3Pは体だけのイージーな選択。1番難しいのは心の結びつきなのだ」

と考えをまとめています

 

結局のところ、心のつながりのない相手だから3Pができるということだ。

本当に好きならそんな行為はしない。

ビッグとバーバラは完全に終わっていたから3Pをしたのだということだ。

 

ところで日本の3P率はどんなもんなんでしょうかね?

「しらべえ」によると、1番多い20代の男性で15.4%だそうです。

あとは一桁代。

みんな言わないだけなのか、わたしのまわりでは聞いたことありません。

正直、したいとも思ったことありません。

好きな人だったら、他の人としてほしくないし。

知らない人とだったら、正直めんどくさい。

性に奔放じゃないのにセックスアンドザシティが好き(笑)

このドラマは、描いてること過激ですけど、結局のところ心の問題だったり考え方の違いだったり、いろいろ考えさせられるから好きなんですよね〜。

 

おまけ

ミランダのセリフから

 

「ドッジボール一緒にやるのと同じようなもんじゃない」

 

3Pのこたえここにありました。

序盤にサラッと言ったセリフ。