あひるの庭

歯列矯正や子育てを中心に日常のあれこれ、趣味についてのブログです

SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S1E4

どうも、あひるです。

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

今回の話はまさにSEX AND THE CITYの真骨頂

過激でアメリカ的な、子供たちには見せれない、聞かせれない、そんな話(笑)

 

シーズン1エピソード4

f:id:lalala-ahiru:20201207221558j:image

 

テーマ・問題提起

「40代の男はニューヨークタイムズ日曜版のクロスワードパズルと同じ。複雑で、答えを出してもそれが正解なのかわからない」

「20代の男たちは役に立つ友達を大勢知ってる。バーテンに用心棒。お尻もキュッとしてる」

「20代の男は新しいドラッグのように魅力的なのか?本気でハマってしまうことはないだろうか?」

 

このキャリーの40代に対する思いはさすが共感できる例えですね。そして深い。

それに対して20代に対する思いの浅いこと(笑)

もうすでにこのキャリーの最初の感想がまんま答えです。

 

キャリーのこたえ

ミスタービッグとのデートに邪魔が入りキャリーが途中で帰ることになったとき

「帰っちゃうのかい?」

とミスタービッグにたずねられ

「でなきゃ女じゃないでしょ?」

とキャリーが返すシーン。

ここでキャリーは一見余裕ありそうに見えるが、心の中で「混乱、さびしさ、拒否」と「どう感じたらいいかわからなかった」と言っている。

その思いを紛らわすために20代の男と熱い夜を過ごすのだが、翌朝汚い部屋を見て「とつぜん現実が襲ってきた」

「30いくつかの女の全身の細胞がこう叫んでた。逃げろ!オバさんにはとてもムリ!」

 

そうやって逃げ出したキャリーのもとにミスタービッグが現れてデートの約束をする。

 

「男はドラッグと同じ。ハマってドン底に落ちることもあれば、舞い上がることもある。うんとハイになることも。」

 

これは年齢関係なく、男というものはドラッグのようだというまとめだろうか。

さすが、締めの言葉までぶっ飛んでる。

 

たしかに今回の話ではキャリーの心の浮き沈みがある。

 

ビッグとデートできるかと思ったらできなかった…。

そこに若い子が現れた。楽し。

またもやビッグとデートできそうでできず…。

紛らわすために若い子に走る。楽し。

ビッグとデートの約束を取り付ける。舞い上がる!

 

今回この20代の子との関係はあまりにも浅く、ただただ楽しいからというものだった。

最初に20代に感じていたことも実際の関係も、浅くて浅くて、ミスタービッグの引き立て役でしかない。

今回の話そのものが、ミスタービッグがいかに魅力的かを際立たせるためのテーマでもあった。

 

サマンサのこたえ

サマンサは体力のある20代との情事を満喫していたが、あるとき悟ります、

「年下と付き合っている限り自分は年上の女なのだ」

いつまでも“女”でいたいサマンサにとって“老い”を感じることが1番の苦痛である。

それに気づいてしまって20代とは縁を切ることにした。

 

サマンサはいつも筋が通っていて爽快ですね。

 

おまけ

今回の話はなかなか過激でした。

もちろん今後も過激なだけの回とかあった気がしますが(笑)

 

なかでもタクシーでのキャリーたちの過激なトークが見どころです!

おもしろおかしく性に対する考え方の違いを描いています。

女子が集まった時にする下ネタってこういうやつだよね、って感じです。