あひるの庭

歯列矯正や子育てを中心に日常のあれこれ、趣味についてのブログです

SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S1E7

どうも、あひるです。

真剣交際の巻

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

シーズン1エピソード7

f:id:lalala-ahiru:20201208225348j:image

 

テーマ・問題提起

今回のことの発端はミスタービッグが他の女とデートしていたことにある。

「たしかに1人に決めようって約束したわけじゃない。でもわたしにとって他の男と会うってことは、パンパンのスーツケースにもう一着服をつめようとするのと同じ。でもビッグはごく自然に幸せそうに他の女と会っていた。男は一夫一婦制を嫌悪しているのか?それとも他に理由が?

無限の可能性があるNYでは一夫一婦制を期待する方が間違ってるんだろうか?

 

 

あの、そもそも論なんですが、NYでは1人に決めようって約束がないと他に男作ってもいいってことなんでしょうか?マジで??本当に??だとしたら、さすがNY。

でも確かに、世の中には男と女が星の数ほどいるわけで、その中からたった1人だけと付き合っていくのは理想の相手に巡り会うという点においては非効率的ではある。同時に何人もと付き合った方が合理的だ。

とはいえ、人間には感情がある。本気で好きになった相手には、自分1人だけを見ていて欲しいと思うものだ。

 

スタンフォードの意見

「一夫一婦制はすたれてきてる。90年代いっときみんな押されたけど、ミレニアムになってやっぱ選択肢増やそうってことになったの」

 

ちょっとまて。すっかり時代背景のことを忘れていた。

キャリーたちが30代の設定だから、たしかに20年ぐらい前の時代なのか…。

NYはどれだけ進んでるんだ(笑)

当たり前のようにゲイの友達がいて、みんなそれぞれ自由な恋愛を楽しんでいる。

20年くらい前なのに、今の日本はここに追いつけているのだろうか?

「無限の可能性」「選択肢」

SATCの世界は極端ではあるが、自分が自分でいるために必要なものがきちんとそこにはある。

 

 

キャリーの本音

「メリーゴーランドも回転ドアも経験した。そして一緒に立っていられる人と出会ったと思ったの。少し一緒に立つ気ない?

 

オシャレなセリフですね!

ビッグに一夫一婦制を申し出るのにこんな言い方でよく通じましたわ!笑

 

「無限の選択肢がある街では、“今はたったひとつの選択しか無い”と思えることが幸せなのかも」

 

ビッグのこと、かなり本気ですね。

最後のこのセリフ、正直感動ものでした。

 

おまけ

今回はキャリーがビッグとの関係で悩んでる時に言ったセリフ。

 

「わたし、彼が言ったことを、自分がこう思いたいって思う方向に解釈してない?だとしたら、わたしが“これがビッグの気持ちだ”って思ってること、本当は“彼に対する気持ちの反映”にすぎないのかもしれない」

 

これ聞いた時は鳥肌ものでした。

目から鱗というか。

そうかも…てかそれだわ!

 

相手の気持ちや考えていることなんて、きちんと表現してもらわなきゃわからないですよね。

勝手に考えて理解した気になって、結局それが間違いだったなんてこともざらにあります。

察する文化の日本には、そんな勘違いで街中あふれてるんだろうな。