あひるの庭

歯列矯正や子育てを中心に日常のあれこれ、趣味についてのブログです

不妊治療の愚痴

どうも、あひるです。

 

実は最近、不妊治療はじめました。

 

2年くらい前から不妊治療したいなと思いつつ、なかなか勇気が出ずに…というか、「今月出来なかったら病院行こう」を繰り返していたらいつの間にか2年もかかってしまいました。

その間に子宮頸がんの検診でひっかかったり(大丈夫でしたが)、矯正始めたり、ギターはじめたり(不妊のストレスのはけ口)、自分でも遠回りをしていたことは確かですが、それしか当時の自分にはできませんでした。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、わたしには息子がひとりいます。

その状況で不妊外来行くの気がひけるわ〜…ていうのが少なからずあって、遠回りをしていた…いや、逃げていました。

不妊治療やりたいんだけど、周りの目が怖くて逃げていました。

 

でも最近やっとふっきれました。

ひとり目ができずに不妊治療している人からしたら、すごく贅沢な、恵まれた立場にいると思います。でもあえて!あえて厳しくいうのであれば!

 

「あなたたちは、ぜったい2人目をのぞまないのですか?」と!

 

そういうスタンスで、どんなふうに思われても、何か言われても、突き進もうと覚悟ができたわけです。

 

ところがどっこい

 

鼻息荒く不妊外来の門を叩いたら、意外と子連れの人もいるじゃありませんか。

 

そして若い人も多いこと。

 

不妊治療にはいろんな人が来ています。

 

たしかに、心の中ではみなさんどう思っているかはわかりませんが、基本的には普通の病院と同じで、他人には無関心です。

それが心地よいのです。

 

不妊治療というものがもう少し軽い気持ちで、美容院にでも行くような感覚で、当たり前のように普及すれば良いのになぁと思います。

そうしたら、この2年を無駄にしなかったかもしれないのに。

ほかにも不妊治療行こうか悩んで、結局まだ行けずにいる人もたくさんいるかと思います。

 

行けない理由は他にもたくさんあるかと思います。

仕事だったり、お金のことだったり、夫が非協力的だったり、そもそも何されるか未知の世界すぎて怖いっていう感情だったり。

 

他の方の参考になるかはわかりませんが、わたしの場合の話を少しでもしていけたらと思います。

いつまで不妊治療やるかわからないので、めっちゃ入り口だけで終わる可能性もありますが(笑)

 

このシリーズまだ続きます。