あひるの庭

歯列矯正や子育てを中心に日常のあれこれ、趣味についてのブログです

SATCのキャリー・ブラッドショーと考える恋 S1E8

どうも、あひるです。

3Pってどうなん?の巻

※話のあらすじを追うというより、キャリー達の発言に着目していきますが、多少のネタバレがあるかと思います。また、あくまでわたし個人の見解です。他の読み取り方、感じ方もあると思います。

 

シーズン1エピソード8

f:id:lalala-ahiru:20201209225441j:image

 

テーマ・問題提起

シャーロットが3Pに誘われた件について。

サマンサ「3P流行ってるわよね」「3Pをやるときの鉄則、ゲストであるべし」「ゲストなら男との関係こじれる心配全く無いでしょ?」

 

「サマンサの言う通り、3Pは新しいセックスの形態なのか?」

「男たちが3Pに夢中であることは間違いないようだ。人間は3という数字に縁が深いらしい」

「1対1の関係こそ不自然なのかも。未来の男女関係は3人が正解なのかもしれない」

 

というわけで、今回は3Pについてのようです。

大丈夫かな?わたしはてなブログから追い出されないかな?

こんなんでも真剣にキャリーの問題に向き合っているつもりです。

あらゆる恋愛の形について考察してるだけです!

 

キャリーの考え

シャーロットが恋人のジャックに3Pに誘われていることについてのキャリーの考え。

 

キャリー「あんた次第だけど、ジャックのためだけならやめなよ」

 

シャーロット「でも密接になれるかも」

 

キャリー「あのね、ジャックが見ず知らずの女と寝るとあんたとの仲が熱くなるって、おかしくない?!」

 

キャリーは1対1の関係を信じている

 

キャリーの悩み

キャリーも3Pで悩まされていた。

ミスタービッグが前の奥さんと3Pしたことがあると知ってから、キャリーの頭の中では前の奥さんの影が離れなくなっていたのだ。

 

「たとえ2人きりでベッドにもぐりこんでも自分より先に誰かが入ってるのだから」

「前の奥さんのおっぱい、前の奥さんのくちびる、前の奥さんの長い脚…」

「ビッグはわかってない。過去がわたしの隣にいるということを

 

 

キャリーはビッグの過去と3Pをしていたのだ。

何をしても前の奥さんのことがついて回ってくる。

これは奥さんに限らず、付き合っている相手の元カノとかの存在が無性に気になってしまうときがありますよね。

その感覚の究極版とでも言うのでしょうか。

キャリーは最初から最後まで1対1の関係を信じている。

だからなぜビッグが3Pをしたのか気になっていたのだ。

 

キャリーのこたえ

ビッグ「3Pをやったのはバーバラ(元妻)も僕も他の人、他のものを欲しいと思ったからだ」

 

これを聞いてキャリーは

「わたしは悟った。3Pは体だけのイージーな選択。1番難しいのは心の結びつきなのだ」

と考えをまとめています

 

結局のところ、心のつながりのない相手だから3Pができるということだ。

本当に好きならそんな行為はしない。

ビッグとバーバラは完全に終わっていたから3Pをしたのだということだ。

 

ところで日本の3P率はどんなもんなんでしょうかね?

「しらべえ」によると、1番多い20代の男性で15.4%だそうです。

あとは一桁代。

みんな言わないだけなのか、わたしのまわりでは聞いたことありません。

正直、したいとも思ったことありません。

好きな人だったら、他の人としてほしくないし。

知らない人とだったら、正直めんどくさい。

性に奔放じゃないのにセックスアンドザシティが好き(笑)

このドラマは、描いてること過激ですけど、結局のところ心の問題だったり考え方の違いだったり、いろいろ考えさせられるから好きなんですよね〜。

 

おまけ

ミランダのセリフから

 

「ドッジボール一緒にやるのと同じようなもんじゃない」

 

3Pのこたえここにありました。

序盤にサラッと言ったセリフ。